CGT スタンフォード発電機

スタンフォード発電機について

澤藤電機とカミンズジェネレータテクノロジーズ(以下CGT)との取引は1990年代に始まりました。 それ以来培われた信頼関係に基づき、2005年に弊社はCGT製品の日本における輸入総代理店に指定されました。 以来、弊社は国内市場におけるシェア拡大に尽力し、スタンフォード製品に精通したサービス業者とともに 国内全域をカバーするサービスネットワークを構築してきました。

澤藤電機はお客様がスタンフォード製品を通じて、低価格かつ信頼性ある製品作りができる様 お手伝いしていくことを主眼としています。弊社の強みは、国内のお客様への技術的アドバイスと品質維持の両方において、 CGTの強力なバックアップに基づいた迅速な対応を可能としている点にあります。

出力5kVAから4,000kVAまで、タイプも従来型から多極型、そして低圧モデルと高圧モデル。 このようにスタンフォードは多種多様な用途に応えられる発電体を供給します。スタンフォードは船舶や発電プラント、 その他の工業用途として世界中の様々な環境の下で使用されております。澤藤電機は自らが様々な市場向けに発電機を製造する メーカーであるという強みを生かし、国内事情に合致した製品提案をおこなっております。

 

取り扱い製品(陸用/舶用)

 
製品(陸用/舶用)の詳細は、こちらまで。
 

お問合わせ窓口

 
0276-56-7043
 
 
  トップへ戻る