発電機用インバータ

 インバータ登場前のエンジン発電機は「あなたまかせ?」でした。
 50/60Hzの一定の周波数を出力する事が求められていましたが、負荷の増減に伴うエンジン回転数の変動につれて変動していました。

 インバータの登場により、周波数はエンジン回転数に関わらず、50/60Hz 一定、電圧も一定、交流波形も正確になりました。

 また、インバータは入力の電気の質(周波数、電圧、波形)を問わず上記の正確な電気を出せるため、
多極発電機と組合せ画期的な小型軽量化(1/2)と高い電力品質を実現しました。

 このインバータはマイコンでパワー素子を制御しています。

澤藤電機には、1kw〜8kwの単相交流(50/60Hz、100〜230V)を出力するインバータがあります。

 

  トップへ戻る