HV回転機・電動補機

モータと車両の相性は良い。

  • モータは0回転からフルトルクを出力できます。
  • エンジンは定格回転付近では効率が良い。

 HV(ハイブリッド自動車)はエンジンの不得手な発進と低速走行をモータが受け持ちます。走行中はエンジンを燃費が良い定格回転数付近で使い、加速時はモータ出力を加え合せ、また、ブレーキ時はモータを発電機として使うことで、走行エネルギーを電気エネルギーに回生させスムーズな発進加速と低燃費を実現します。

 エンジンは低速回転ではトルクが小さく、発進時にはMT車ではクラッチのすべり、AT車ではトルクコンバータ等の工夫が必要です。また、変速機(トランスミッション)が必要です。

 HVには動力を発生させる主機と補機があります。補機とは自動車が走行する際に直接関係ないが、間接的に走行を補助するための装置の総称。エンジンとモータを組み合わせたHVの場合、発進時あるいはアイドリング時にエンジンを停止させることがあります。

 従来の補機はエンジンの動力で回っていました。エンジンを止めると補機も止まります。しかし、補機はエンジンの状態に関わらず常に作動する必要があります。(パワーステアリング、エアコン等)

 そこで、補機をエンジンから切り離して各々に小型モータを取付けて必要なときに必要なだけ作動できるようにしたものが電動補機です。

澤藤電機は各種補機用モータ・インバータを作っております。

 

  トップへ戻る