多極発電機

 従来の2極発電機は電源周波数(50/60Hz)を出力する為には同期回転数(3000/3600rpm)で運転される必要がありました。

 通常、エンジンの最大出力回転数は、同期回転数よりも高いところにあります。このため、従来の2極発電機では、エンジンの最大出力を利用することが出来ませんでした。(出力は下図(左)の動作線上の何れかの点になります。)

 また、軽負荷でも、周波数が変化してしまうため、より低騒音となる低速回転にすることはできませんでした。
 多極発電機は「インバータ」と組み合わせて定電圧、定周波の正弦波を出力する為、必要な出力を確保できる下図(右)の斜線の範囲内で運転することができます。

このため

  • 一回り小さなエンジンを使うことが出来ます。(同期回転数を超える高速域迄運転出来るため)。
  • 軽負荷時は回転数を下げて静かな運転ができます。

 また、多極発電機は、巻線が多極コアに直巻きされている為、通風による冷却が充分に行われ、コイルの電流密度を大きく取る事が出来、回転数が高い事もあり、2極発電機に比較して、1/2の重量となります。

澤藤電機には1kw〜8kwの多極発電機があります。

 

  トップへ戻る